“「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕日を一人で見ていたとするだろ。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうに伝えるかって?」
「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いて見せるか、いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」
「その人はこう言ったんだ。自分が変わってゆくことだって……その夕日を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」”


Michio Hoshino, 旅をする木 [Tabi o suru ki]
Read more quotes from Michio Hoshino


Share this quote:
Twitter icon

Friends Who Liked This Quote


To see what your friends thought of this quote, please sign up!

0 likes
All Members Who Liked This Quote

None yet!


This Quote Is From

旅をする木 [Tabi o suru ki] 旅をする木 [Tabi o suru ki] by Michio Hoshino
10 ratings, average rating, 0 reviews

Browse By Tag