Goodreads helps you keep track of books you want to read.
Start by marking “Wasurerareta Nihonjin” as Want to Read:
Blank 133x176
Wasurerareta Nihonjin
 
by
Miyamoto Tsuneichi
Rate this book
Clear rating
Open Preview

Wasurerareta Nihonjin

0.0  ·  Rating Details ·  0 Ratings  ·  0 Reviews
334 pages
Published January 16th 1984 by Iwanami Shoten (first published January 1984)
More Details... edit details

Friend Reviews

To see what your friends thought of this book, please sign up.

Reader Q&A

To ask other readers questions about Wasurerareta Nihonjin, please sign up.

Be the first to ask a question about Wasurerareta Nihonjin

This book is not yet featured on Listopia. Add this book to your favorite list »

Community Reviews

(showing 1-7)
filter  |  sort: default (?)  |  Rating Details
Sachiko Nakamura
May 09, 2011 Sachiko Nakamura rated it it was amazing
癒しの本。。
Sabore_na
この記録は、論文でも報告書でもなく、当時の暮らしの匂いがつまった宝箱である。民俗を考える上での様々な要素が散りばめられており、読者はその興味ある素材を感じ取って、調味料として活用するとよいだろう。


【対馬にて】歌垣、盆踊り、寄合
村落内では、百姓・郷土の差別なく寄合が行われる

【村の寄り合い】観音講、姨捨
嫁姑問題、男女関係といったケのストレスを発散するための観音講。
その場のみのグチの場として作用。(姨捨山的世界)

被血縁的な性を異にした者が集まった集落で結束を強めるための地域的な集まり
年齢・性別ごとに集まったりする。
それぞれの性格を見極める。
西日本中心の文化。

伝承者:東は女(家中心の暮らし)、西は男(村中心の暮らし)

【名倉談義】ケガレ
月経の際には別生活を送るなど、ケガレ忌避観念は近年まで生きていた。

【女の世間】旅、昔話
旅への憧れ。他郷の言葉を身につけることが誇り(現在の外国語に相当)
次第に固有名詞がなくなり昔話化

【土佐源氏】
初潮の赤飯は、周囲への合図としての働きもあったのでは。(よばいOK)

【梶田富五郎】銭屋五兵衛
加賀の廻船問屋主・銭屋五兵衛、朝鮮人参を密輸していた。
明治年ブリ漁

【世間師】
旅か
...more
Hayashi Sakawa
Hayashi Sakawa rated it liked it
Oct 21, 2009
hikaru fujita
hikaru fujita marked it as to-read
Jul 01, 2009
nefou
nefou added it
Feb 27, 2014
There are no discussion topics on this book yet. Be the first to start one »

Share This Book