Goodreads helps you keep track of books you want to read.
Start by marking “Sensō No Aru Sekai: Ā Demo Naku Kō Demo Naku” as Want to Read:
Blank 133x176
Sensō No Aru Sekai: Ā ...
 
by
Osamu Hashimoto
Rate this book
Clear rating
Open Preview

Sensō No Aru Sekai: Ā Demo Naku Kō Demo Naku

it was amazing 5.0  ·  Rating Details ·  1 Rating  ·  1 Review
388 pages
Published 2004 by Madorashuppan
More Details... edit details

Friend Reviews

To see what your friends thought of this book, please sign up.

Reader Q&A

To ask other readers questions about Sensō No Aru Sekai, please sign up.

Be the first to ask a question about Sensō No Aru Sekai

This book is not yet featured on Listopia. Add this book to your favorite list »

Community Reviews

(showing 1-1)
filter  |  sort: default (?)  |  Rating Details
Tomoho
Feb 14, 2009 Tomoho rated it it was amazing
自他ともに認める「論理の鉄人」こと橋本治が、雑誌『広告批評』に連載中の時評エッセイより、2002年5月から2004年4月分までを纏めたシリーズ4冊目の評論集。
……とは言うものの、著者自身が繰り返し言うように、この時評は「もう時評なんてやりたくない!」という「反時評」的な意志に基づいている。そして、その原則に忠実であるために結果として圧倒的に面白く、射程の広い「時評」たりえている。

この「時評」では、日本における政治と老いの相関関係から、有事と外交、「スター・ウォーズ」、日朝首脳会談、イラク戦争、自衛隊派兵、その他もろもろの時事的なトピックとテーマに触れつつ、同様に一章(連載の一回分)をまるまるこの連載を担当した編集者の死に際しての、自分自身の思想的立場の観察と問い直しに充てられている。
そうした「時事問題」と身近な人間との関わりが同じ地位をもって語られるということ、それは《「自分と社会との安定した状態」という前提がなければ、「時評」なんてものは、成り立たない》という現状認識に立脚し、《世界情勢は結局のところ個々の人間が作るもので、それをへんな風に歪めないためには、個々の人間が誇りを埋もれさ
...more
There are no discussion topics on this book yet. Be the first to start one »

Share This Book